プルドックのホームワーク

戯れるのが好きなプルドックの雑記ブログ

正しい生食用牡蠣の食べ方

  

生粋の刺身好きといえば、それは僕の事でしょう

毎日寿司や刺身でも全然いけちゃうくらい

ていうか海鮮系で嫌いな物がないから、漁師にすら負ける気がしない(何が?)

僕が寿司屋を始めたらね、寿司を本業にしてるんだからよぉ、サイドメニューばっか充実させてんじゃねーぞゴラぁー!と指導するでしょうな

でも寿司屋のラーメンって意外と美味いよね

 

でもさ、いくら欲しいとは言っても刺身とかって普通に買うと結構高いじゃん?

だからなるべく安くなったものを探して買いたいよねー

もう終いにはさ、半額シール貼る時間と担当の人を覚えて、物陰に潜んで出てくるのを待ってさ

そんで気がついたら、同じ事してる人が周りにいっぱいいることってない?

あの待ち構えてる一体感、戦友が増えたような不思議な感じw

そしてそのルーティンはね、社会人になってからもちゃんと続いてるわけですよ

 

ある日のことね、いつも通り刺身コーナーに行ったら珍しく牡蠣が食いたくなったのね

僕は特に貝類大好きな事もあって、その時は貝が売り切れてたのも牡蠣が気になったきっかけだと思う

牡蠣は普段も刺身の近くに並んでたんだけど、その時は完全に目がロックオンしちゃって

しかも、半額シールが付いてるじゃん!

あ、パッケージはね、たこ焼きプレートみたいなやつで、一個一個身だけになった牡蠣が水に浸かってるタイプ

 

もちろん、生食用と書いてあったよ

確か!書いてあったはず!

『生牡蠣』の『生』だけを見て生食と勘違いした、とかはないハズ‥

昔の話だけどここがねー、今でも解明されてない謎なんですわ

でもね、さすがの僕でも生食表示くらいは確認してたと信じたい

いや、したハズやぁ!

 

とにかくそんなこんなでその牡蠣を買ってだね

ルンルンで僕は帰宅したんですな

そしてご飯とビールを準備して、いよいよ牡蠣のビニールの蓋を剥がす

水に浸かった新鮮な牡蠣と対面だぁー

僕は早速箸で1つ牡蠣を掬って、ワサビ醤油で食ってみた

う、うんめえぇ〜!!

久々の牡蠣は美味すぎて、ビールも進むね

僕はそのまま5個全部を完食して、至福の時間を過ごしていたのさ

 

そう、その時までは

 

それから3時間くらいして、もう夜11時とかよ

『ん?なんかダルいな‥今日の仕事がハードだったか?風呂入るのやめとこうかな』

さらにしばらくして、

『なんじゃこりゃ?‥気持ち悪くなってきた』

 

どうやら、初の食中毒を経験しないといけなくなったようだ

 

僕はこのあと友達に頼んで、すぐ病院送りにしてもらったよ

車内を僕の汚物エリアにしないよう、猛烈に耐えましたわ

あの時の全身のダルさは、人生で一番酷かったなー

その日はそのまま点滴して、看護婦さんとワンナイト過ごしてさ

翌朝会社直行したけど、しばらく刺身は食えなかったよね

 

牡蠣ってねー、生食用とは言っても汚れとか菌はいる事も十分あるんだって。だから念のために、水洗いしてから食べる事をお勧めします。

ちなみに僕はあれからスーパーの生食用牡蠣とは、目を合わせてません。お店でプロが調理した物だけって決めてます。全然機会ないけど‥

 

ていう話や!

 

ジャーねっ!