プルドックのホームワーク

戯れるのが好きなプルドックの雑記ブログ

メリットしかない、ふるさと納税のすすめ。

  

僕たち善良な国民が、みんな嫌がる税金。


年々高すぎだよね。

 


いったい本当のところは、何に使われてるんだろう。


もちろん国民の汗と血と涙の結晶ですから、

公共施設、災害支援、復興行事、開発事業…のはずだよね。



たまにテレビとかで、納税者をバカにしたようなニュースを見るけど、


そこは政治家の良識に委ねるしか、僕らにはできない。

  


でも、やっぱり、、、


このまま大事なお金を、税金で易々と持っていかれるのは嫌だ!

 

それなら、タダで払う税金をやめて、地方と自分へ活用しようぜ!!

というのが、今回の議題です。


  

簡単に説明すると、「ふるさと納税をする」ってこういうことです。


【結論】

1.自分が選んだ自治体に、寄付金を支払う。

2.支払った自治体から、自分が選んだ返礼品をもらえる。

3.翌年の自分の住民税が減る。(又は所得税が還付される)



もうちょい詳しく説明すると、

【メリット】だらけ

  • 実質2,000円で、複数の自治体から好きな返礼品を受け取ることができる。
  • クレジット払いすれば、ポイント還元もついてくる。
  • 支払った分のほとんどが、翌年の税金から引かれて安くなる。
  • 自分の好きな地域や、応援したい地域に納税(寄付)できる。
  • ワンストップ特例制度が簡単にできるので、これだけの確定申告は不要。


【デメリット】

  • 控除されるまでの間、しばらくお金が手元から離れる。

デメリットは、強いて言えばってとこですね。
ふるさと納税は、税金を前払いして、特産品を受け取るような形になるわけです。


結果的にメリットしかないと、僕は思ってます。


唯一、気を付けてほしいポイントは、寄付できる金額。

寄付する人の収入によって、翌年控除として認められる金額が違うんです。


これについては、ふるさと納税のサイトなどで計算ができるようになっているので、調べてみてほしい。

前年度の源泉徴収票があれば、今年どれくらいふるさと納税すればいいかが計算できます。


ふるなびのシミュレーションが、分かりやすくておすすめです。

furunavi.jp




またふるさと納税で嬉しいのは、レジット払いが可能ということ!

ということはもちろん、クレジットポイントもためることができるわけですよ。


以前に、お得な楽天市場との組み合わせについても書いてます。

purudog.com

 

ふるさと納税という制度ができたのは、意外と最近の2008年。
でも、まだまだ使っている人は少ないと思う。


本当に勿体ないから、まだ未体験の人は、ぜひ検討してみてね!



自分は豪華な特産品をもらえて支払った自治体は潤う。

まさにWinーWinの関係で、いいことしかない!



ぜひお気に入りの返礼品を探して、ふるさと納税を楽しみましょう。



ジャーねっ!”