プルドックのホームワーク

戯れるのが好きなプルドックの雑記ブログ

【日記】オレンジ、燻製、レーズン

先日こんな記事を書いたばかりですが、続編と思ってご覧ください。

(前回はこちら↓)

purudog.com

 

ふと朝食時のこと。 

     

 

カルディーで買ったお気に入りのアイスティーを飲んでいた。

(この日はアールグレイです)



注いだパックをテーブルに置き、何気なく視線を成分ラベルに向けた。

 

そしたらね、ちょっとよく分からない成分表示が目に入ってきた。

   

んん??

   

 

レーズン!?

なーんか、前にもこんな光景があった気がするが、気のせいだろうか。

ちょっと待ってね。

。。。

アールグレイの香りって、レーズンだったっけ?

ここは落ちついて、少し成分を切り分けて考えてみよう。


【オレンジ】

これは柑橘系の爽やかな香りを加えているということで、間違いないだろう。

あの甘酸っぱさというか、オレンジの皮をむいた時のフルーティーな匂い。

紅茶に一番合いそうな配合だ。うん、間違いない。

パッケージがオレンジ色なのは、この成分を少し主張しているんだろうか。

香り付けとしては、文句なしですよ!



【燻製】

んー、、少しハードル高いやつが出てきた。

スモークサーモンのような、匂い?

いや、香りのいい木材を蒸したような感じだろうか。

アールグレイ独特の、少し苦みのあるような匂いに一役買っているかもしれない。

どちらかというと、
お酒のつまみとかで活躍しそうだが、こんなところで使もわれているとはね。


これもきっと、紅茶を蒸らしているわけではなくて、アレだよね。

きっとあの、最先端技術を使っているんだろう。


と思って、これも調べてみたらね、



はいー!!

     

スモークフレーバー 食品香料(水溶性)

ありました、THE 香料。


やっぱり、香料に燻製の香りも存在していた。

『珍しい苗字の人 vs なんでも揃うハンコ屋さん』、みたいになってきた。

いや、この紅茶シリーズ、こだわりが凄げぇわ。


【レーズン】

これが実に難しい。

たまにアイスクリームに入っているのを見かけるくらいで、僕には馴染みがない。

要は、干しぶどうだっけ?

干したら匂いも薄まってそうで、余計想像ができない。

あれ
?レーズンってそのままだと甘いっけ?

もはやそこから確認が必要なレベル。


アールグレイのどの辺がレーズンなんだ!

クイズミリオネアで、「ある成分が使われていますが、何でしょうか」って出されたら、確実にアウト級。

テレフォンで聞いた人が、「あっ!ちょうど家にそのアールグレイあるわ!」って展開がない限りは解明不可でしょう。


でもレーズンだったら、今度こそ工場で大量に処理しているのかな、、

わっさーっ…とレーズンを窯にぶちこんで、煮込んで出てきた成分を加熱して、、


あー、もう!調べる!


あったわ!

     

【超濃縮フレーバー】 Raisin Rum(レーズンラム)香料


でもこれ、あることはあったけど、Amazonとか楽天には置いてないらしい。

「ベプログ」ってレビューサイトで見つけました。

(以下ベプログ公式より)

電子タバコLIFEをもっと楽しく安心に」をコンセプトに誕生した、国内最大級のリキッド/電子タバコ(VAPE)情報が集まったソーシャルレビューサイトです。


この香料自体はアメリカ製らしいので、レーズンの香料はなかなか貴重かも。

僕は少し匂いフェチで不快臭以外は好きなので、どんな匂いかちょっと嗅いでみたくなってきた。


まさか紅茶の成分表示で、電子タバコ業界にまで頭突っ込むとは思ってなかった。


どうやらこのアールグレイティーは、かなり高度な香りマイスターが関わっているようです。

ひょっとしたら、レーズンだけは特殊な処理で香り付けしてるのかも。


あ、確かこの紅茶シリーズ、確かもう一つ紅茶があったような。。。

ここまで来たら、カルディーの紅茶マイスターにならないとだめですかね。

デジャビューな発見をしたプルドックでした。



ジャーねっ!