プルドックのホームワーク

戯れるのが好きなプルドックの雑記ブログ

長岡花火に魅せられたら、いまさら未知と遭遇した話

   

何言ってんの?ってタイトルですが、

今年3年ぶりに開催された日本三代花火。

 

そう、長岡花火

 

   

僕もスクリーン越しに見てましたよ。

やっぱり夏は長岡花火だよね〜。

あの花火の迫力、会場の一体感、アナウンス進行、どれをとってもパーフェクト!

これぞ最高にフェスティバルな2日間だった。

 

で、この長岡花火は長いこと見てきてんだけど。

なんと!今年初めての大発見がありました。

僕にとっては、それが未知との遭遇だった。

 

それはね、

 

花火アナウンスが、生放送だったこと。

 

え?そこ!?

 

そう、昔から録音じゃないかと、心の奥底で思っていたんです

 

大変失礼なヤツです。

申し訳無さで、胸が痛い限りであります。

心の中では、頭が割れるくらい土下座してます。

 

ググれよ!

と思われるかもですが、んーとね、敢えて謎にしておきたいというか何と言いますか。

そこは謎にしておいた方がですね、長岡花火がより神秘的に感じてくるように感じてたんですよ。

 

ていうかさ、

アナウンサーのお姉さん、安定感抜群すぎ!

 

どんなに花火紹介が長くても、抑揚よくスラスラと喋るんだもん。

ちょっとウケ狙ってんな、って思うような企業紹介とかもね、まったく動じない。

録音疑惑も当然湧いてくるよね。

フェニックス打ち上げのjupiterと同じ音響だし、やっぱ収録じゃね?みたいな。

 

でも、あのお約束の最後のシメはいいよね。

「カーンどう(感動)を、あーりーがと〜う」

「まーた、あ(会)〜いましょ〜ぅ」

 

一度聞いたらね、もうヤミツキですよ。

忘れられなくて、ついつい真似までしてしまいます。

いや、どうしても真似したくなるんです。

ウグイス嬢の頂点に君臨してるオーラさえ感じる。

 

あの掛け声を聞いて、不愉快になる人はいないと思うなー。

まぁ、『俺は感動なんかしてねぇ!』って言う人は、四面楚歌を現地で体感したい強者だけだろうね。

 

で、大外回しになったけど。

なんで生放送が分かったの?って話。

簡単です。

 

初めてアナウンサーが噛んでくれたから。

 

某メーカーの花火紹介の時に、それは起こった。

「シャ、シャイニングスター』

 

しゃ!

っシャー!

 

決して人のミスを喜んでるわけではありません。

なんかね、僕の中でフゥっ、て感じになったんだよね。

 

「あ、すげー!やっぱ生で放送してんだ!」って。

単純に録音じゃなくて嬉しい気持ちになりました。

あと絶対的王者のミスって、滅多に見れないじゃん?

だから余計に親近感が湧いて、ますますファンになりました。

久しぶりに、現地に赴いてアナウンスの現場も見てみよっかな。(ストーカーかよ)

 

まだ長岡花火を見たことない人は、最後の感動的なエンディングだけでもチェックしてみてね。

 

ジャーねっ!"